土門拳(Domon Ken)

山形県生まれ。ライカを徹底的に道具として使ったルポルタージュの巨匠。

1933年から宮内幸太郎の写真館にて写真を学び、その後名取洋之助主宰の日本工房に所属し報道写真家としてのキャリアをスタート。被写体と対峙し、被写体の奥にある本質に迫ろうとする姿勢は独自の孤高のスタイルで、その人生の大半をライカのカメラとともに歩んだ。

ライカM3を使用。

土門拳(Domon Ken)について詳しく知るなら下記がおすすめです。

土門拳(Domon Ken)の写真集

土門拳(Domon Ken)に関する書籍

オススメ

自分の写真を額装して販売できるアートジーン

ライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール