SIGMA fpはライカの代わりになったか? 長期使用後のレビュー

SIGMA fpはライカの代わりになったか? 長期使用後のレビューSIGMA fpで撮影

SIGMA fpを使い始めて約3年が経ちました。ライカでの撮影を補う機材として、また自身の機材を整理して今後の機材の方針を固めるために手にしたSIGMA fpですが、長く使って得たこと、感じたことがたくさんあります。

使用に関して重要なポイントのひとつ。それはSIGMA fpはライカの代わりになるのかどうか。これは購入を検討している人からよく聞かれた質問です。 また長く使用してみてSIGMA fpならではの撮影スタイルや活用法は見いだせたのかどうか。 SIGMA fpのメリット・デメリットをあげながら長期使用した感触をまとめてみようと思います。

SIGMA fp
SIGMA fpの中古を探す

SIGMA fp購入経緯と使用の感触

SIGMA fpはライカの代わりになったか? 長期使用後のレビューSIGMA fpとライカ

まずSIGMA fpを購入した理由としては、カメラデザインがミニマルで優れていること、資産であるライカレンズを更に活用でき機材を整理できること、Lマウントアライアンスで拡張性に富んでいること、等です。詳しい購入経緯は下記に記事にしていますので参考にください。

実際にSIGMA fpを購入して機材関係は大きく変わりました。

自分の性格上重いものを持つと撮影意欲が減退するため、出かけるときも如何にして手ぶらに近づけるか、にこだわるタイプです。一般的に一眼レフに標準域のズームレンズをつけると総量はけっこうなものになります。これを常に抱えながら旅などをするというのはかなり大きな負担なんですよね。

SIGMA fpはライカの代わりになったか? 長期使用後のレビューSIGMA fpで撮影

そこでこの軽量のSIGMA fpに撮りたい画角のコンパクトなズームをつけておいて、カバーできない部分はライカの単焦点レンズを2〜3持っていくというスタイルが最近は定着しました。これがとても良いのです。

ただしこの組み合わせは当初悩ましいこともありました。それはSIGMA fpで撮っていると、「ここでSIGMA fpではなくライカで撮ったらどうなるんだろう」という疑問がよく湧き上がってきたことです。どこか自分の中で「ライカで撮影すること=撮影の最上位の行為」と認識しているところがあり、「SIGMA fpで、オートで、ズームで撮る=ラフな行為」と思ってしまっていたところがあったのかもしれません。

しかしよくよく考えてみると、ズームだから悪いとか、オートフォーカスだから雑な撮影だとか、そんな単純な話ではありません。原理主義的に古典的な撮影スタイルこそが史上というのは逆に危険な発想で、ズームでもオートでも、その撮影で自分が何を求めてシャッターを切るのか、「常に意識的であること」を獲得することが理想です。よって、あらためて自身が何を求めているのかを的確にして撮影に望むことでこの問題は解決しました。

何より軽さは正義な私ですが、この機材の使い分けは重量という点において、また撮影スタイルにおいて選択肢が増えることに繋がったのが大きな成果でした。

ライカを使うときは単焦点で重視できるものテーマを絞り込み、より柔軟に撮りたいときはSIGMA fp +ズームレンズで、ライカで撮影しにくい位置や構図の追い込み、特殊な撮影はSIGMA fp+ライカレンズ等でという形で、時と場合に応じて選んでいます。

SIGMA fpはライカの代わりになったか? 長期使用後のレビューSIGMA fpで撮影

使ってみてわかったメリット・デメリット

3年間いろんなものを撮影してみて、SIGMA fpの酸いも甘いも体験してきました。ここで個人的に感じたメリット・デメリットを整理してみようと思います。

メリット

  • とにかくコンパクトで軽い
  • UIや操作感が明快、気持ち良い
  • デザインが美しいので持って歩きたくなる
  • 単焦点レンズでも最短撮影距離より寄れる(アダプター使用)
  • カメラ設定のクロップで擬似的にズームできる
  • 動画撮影がかなり使える

デメリット

  • 液晶で撮るので構図はきれいだが面白くない写真が量産される
  • 没入感が低い、撮った感覚が薄い
  • ダイヤルの挙動があやしい
  • 寒冷地では動きが鈍くなる
  • 手ブレ補正がないので動画作品を作る場合はジンバルが必須

撮影の没入感については「SIGMA ELECTRONIC VIEWFINDER EVF-11」でけっこう解決できると思います。ただいうまでもなくSIGMA fpのコンパクトさはスポイルされるので状況に応じて使うのが良いですね。またダイヤルについてはSIGMAが公式に換装サービスを行っています。

写真撮影に限定すると、撮影の幅を広げてくれる良きツールであることがよくわかります。万能を目指すとどうしても重く機能過多なメカになりがちですが、SIGMA fpは考え抜かれた設計で良いところを上手く拾って設計したなと感じさせられます。

SIGMA fpとライカの使い分け、併用(撮影体験)

SIGMA fpはライカの代わりになったか? 長期使用後のレビューSIGMA fpで撮影

これはSIGMA fpに限らずミラーレス全般に言えると思いますが、電子ビューで確認しながら撮るスタイルはどうしても撮影体験が希薄になる傾向があります。ここまでミラーレスが広がった現状で何をいまさらと思われるかもしれませんが、ライカ、つまりレンジファインダーを使う人は現実を見て、それを切り取る、つまり機械的なアウトプットを撮影体験の後に持ってくることで限りなく写真を撮る行為を現実と近づけています。しかし電子的に撮影後のアウトプットをシャッターを切る前に確認できるミラーレスはデジタルを通して見た世界から好みのものを選択するという行為です。ここには撮影体験として見逃すことのできない大きな差異が存在します。

これは感情論なのですが、対象物への思いを写真に込めようと意識して思いのままにシャッターを切るライカと、対象物への思いがデジタライズされありのままに客観的に映し出されたものを静観しながらシャッターを切るSIGMA fpでは、写真と人との関係性が、撮ったときに湧き上がる感情が、またこれから撮ろうと思うものさえも変わるように思いました。

これは一概にどちらが良いとか悪いとか言うものではなく、性質の違いだと思います。単純に自分はエモーショナルな撮影、つまりハッとした瞬間にシャッターを切るような撮影はライカを、淡々と進める日記的な記録やコンセプチュアルな作品制作のための道具として、また新しい写真の概念を塗り替えるような写真体験のツールとしてはSIGMA fpを使うという感じで使い分けています。

SIGMA fpはライカの代わりになったか?

SIGMA fpはライカの代わりになったか? 長期使用後のレビューSIGMA fpで撮影

さて、ライカとSIGMA fpでどちらを購入するか悩まれた方も一定数いるかと思います。SIGMA fpはライカの代わりになるのかという質問もよくありました。

SIGMA fpでもエルマーから最新のアポズミクロンまでライカレンズは使用できますし、それに加えSLレンズや他社製レンズも多く使用しやすいです。撮影スタイルの豊富さ、拡張性、撮れる対象のカバー度合いから言ってもライカよりSIGMA fpのほうが優れていると思います。

SIGMA fpはライカの代わりになったか? 長期使用後のレビューSIGMA fpとライカレンズ

SIGMA fpはライカの代わりになったか? 長期使用後のレビューSIGMA fpで撮影

それならばSIGMA fpはライカの代わりになるのかというと結論はノーです。なぜならライカにはライカの唯一性=オリジナリティがあるからです。それはライカをライカたらしめる特徴であり、メリットです。レンジファインダーとしての撮影方法、目測でのピント合わせ、シャッターの感触、あげるとキリがありませんが、ライカ特有の撮影スタイルがたくさんあります。 このあたりは下記に詳しく説明していますので興味があれば読んでみてくださいね。

またライカのレンズはライカのカメラで撮るように作られておりチューニングされています。このあたりは同じレンズを両カメラで使ってみると体感として大きく感じられることで、ライカを使うとよりレンズの性能や恩恵を受けながら写真に活かすことができると理解できます。

SIGMA fpはライカの上位互換ではなくメーカーもコンセプトもまったく違うカメラです。もし「写真はあなたが撮るのではなく、そのカメラとレンズが撮るのだ」というのならば、両カメラで撮られた写真が別物になるのは当然かもしれません。

SIGMA fpはライカの代わりになったか? 長期使用後のレビューSIGMA fpで撮影

SIGMA fpをライカの代わりとして使ったことはなく、ライカに求めるものをSIGMA fpに求めることはこれからもないでしょう。両カメラを持っているのなら使い分けが必要で、また両カメラで悩んでいるのならどちらの撮影スタイル、もしくは自身の撮影理念がどちらに近いかで選ぶのが良いと思います。

SIGMA fpならではの撮影方法1

ライカとは異なった使い方をしているSIGMA fpですが、ここではSIGMA fpならでは?の個人的な特殊な使用方法を紹介します。まず、ライカにおいてマクロ撮影は積極的に行いたいと思えない構造なので、SIGMA fpでマクロ撮影を楽しんでいます。レンズはツァイスのマクロレンズやライカレンズにマクロリングをつけたもの、またはエレメントを改造した独自のレンズを使っています。被写体はガラス質のものや鉱物などで、レンズ面に特殊なフィルターや工作をして、激薄のピントを体を前後させて調整し、ボケを液晶で確認しながら撮影します。こういったスタイルは軽くてコンパクト、画面で確認しやすいSIGMA fpならではです。

SIGMA fpはライカの代わりになったか? 長期使用後のレビューSIGMA fpはライカの代わりになったか? 長期使用後のレビューSIGMA fpで撮影

あと、SIGMA fpではRAWで動画が撮れます。大容量のHDをつけ動画としてスナップを撮り、PC上でシャッターを切るように一枚の写真を切り出します。いわゆる連射の発展型であり、新しい撮影スタイルだと思います。これは写真なのか?という疑問は、「そもそも写真とは」という疑問に繋がり、新たな写真表現に対して頭が柔らかくなることうけあいです。

SIGMA fpならではの撮影方法2

SIGMA fpはライカの代わりになったか? 長期使用後のレビューSIGMA fpとSuumaron 28mm f5.6

これはSIGMA fpならではでないのかもですが、とにかくコンパクトで小さいSIGMA fpのサイズ感を活かして単焦点レンズで小さいものをつけてiPhoneのように使うのが良いです。私はsummaron28mmや旧エルマーをつけて、F8〜11ですぐシャッターを切れるような設定でパシャパシャやるのが好きです。またそういうときにはひとつテーマを決めて、思考をシンプルにするのが楽しいです。写真という行為をなるべく削ぎ落としてミニマルにしていくことは新たな発見もあり、結果として意外と良い写真が撮れたりします。

SIGMA fpはライカの代わりになったか? 長期使用後のレビューSIGMA fpと旧エルマー

まとめ

このようにSIGMA fpがライカの代わりになったのかという点と、SIGMA fpの長期使用における雑感をまとめてみました。総じていうと機材として取り入れて非常に良かったと思っています。またライカの代替物として使うのではなく個別の用途も見出せました。このあたり、まだまだ新たな写真表現としての使い方が見出せるカメラだなあと感じています。そしてライカがM型では完全に動画撮影を放棄してますので、SIGMA fpは写真〜映像の中間をたゆたう新しい映像メディアのあり方を問い続けるカメラであって欲しいとも感じています。

写真文化はまだまだ発展途上ですので、カメラという創出機によって映像表現がどのような方向に向かうのか確かなことは言えませんが、これらの機材のあり方から今後の未来を想像するのも楽しいのではないでしょうか。

なお、今からSIGMA fpを買うなら有効画素数6100万にバージョンアップした「SIGMA fp L」がおすすめです。

オススメ



おすすめ写真本

その他のライカ特集ブログ

ライカMマウントレンズ

良く読まれている記事

合わせて読みたい

FIRST LEICA初めてのライカ

ライカとは

ライカの買い方

ライカ撮影に必要なもの

ライカとオールドレンズ

マウントアダプター簡単検索ツール