Summicron 50mm f2.0 1stレビュー

Summicron 50mm f2.0 1st
実売価格を見る

ライカ(Leica)の標準レンズである、Summicron(ズミクロン) 50mm f2.0 1st(collapsible)について解説します。

Summicron 50mm f2.0 1stの中古に関する情報はページ下記へ。

Summicron 50mm f2.0 1stの仕様

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
6群7枚
マウント
ライカM、ライカL
焦点距離
50mm
F値
2.0
重量
230g
フィルター
E39
フード
IROOA, ITDOO, SOOFM
製作年
1951-1969
市場価格
約70,000-120,000円

Summicron 50mm f2.0 1stの特徴

Summicron 50mm f2.0 1stの特徴について要点をまとめました。

ライカの歴史の中でエルマーと並び最も代表的なレンズ。レンズの構成上隙間を持たせたため空気レンズとも言われる。色はあっさりめながらも絶妙な解像感で今でも人気のレンズ。

デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Summicron 50mm f2.0 1stのメリット・デメリット

Summicron 50mm f2.0 1stの特徴をふまえて、良い所と悪い所(メリット・デメリット)をそれぞれあげてみます。

Summicron 50mm f2.0 1stのメリット

  • 硬すぎず柔らか過ぎず、ライカの描写の良さを堪能できる。
  • 沈胴タイプのため、使わない場合はすっきり収納できる。
  • 状態の良いものでもライカレンズの中では求めやすい価格。
  • SOMKYと組み合わせることで近接撮影が出来る。

Summicron 50mm f2.0 1stのデメリット

  • あえていうなら色乗りの悪さ、開放の甘さ、ボケに特徴がある。



Summicron 50mm f2.0 1stの作例

Summicron 50mm f2.0 1stの作例は下記から見ることができます。

Summicron 50mm f2.0 1stの中古を探す

Summicron 50mm f2.0 1st

ネットでライカのレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態のラインナップが豊富で、格安かつ送料無料で購入できます。

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集