レンジファインダーのピントの合わせ方

レンジファインダーのピントの合わせ方

ここではレンジファインダーという機構とその特徴について解説していきます。ライカ以外にも様々なレンジファインダーカメラが存在しますが、ここではライカに絞って説明をしていきます。

レンジファインダーのピントの合わせ方の基本

レンジファインダーのピントの合わせ方の基本

レンジファインダーのピントの合わせ方は基本的にファインダー内の四角形の中に写った二重像のズレを調整することで行います。これを「二重像合致式」と呼びます。ピントリングを回しながらそれぞれの像の位置を確認して、きっちりとその像が重なるように合わせていくのですが、被写体や状況によってはこの調整が難しいことがあります(例えば明確な対象が見つけにくいパターンのような対象物や、対象物そのものが動いている場合など)。

ピントの調整に手間取ってしまうとシャッターチャンスを逃してしまうことにもなりますので、多少のコツが必要になってきます。ピントの合わせ方の方法はいくつかあり、上手く使い分けることでピント調整が素早く行えるようになるかと思いますのでぜひ試してみて下さい。

二重像合致式

レンジファインダーのピントの合わせ方の基本

二重像を合わせるようにピントリングを回していく。

レンジファインダーのピントの合わせ方の基本

像がきっちり重なるとピントが合った状態になる。

上下像合致式で合わせる

一般的なレンジファインダーのピントの合わせ方は「二重像合致式」ですが、これは真ん中の明るい四角形の中の像だけで判断してズレを調整し合致させる方法です。この「二重像合致式」では像を合わせられる範囲が狭いため、場合によっては分かりにくく何度も調整を繰り返すこともあります。そこでまず行うと良いのが「上下像合致式」です。これは四角形の外側と内側のズレを調整することでピントを合わせる方法です。

上下像合致式で合わせる

赤枠の境界に注目して、ここが重なるようにピントを合わせる。

撮影対象の中に縦方向に伸びているものがあれば、そこに四角形を合わせてピントリングを調整すれば容易に一致させることができますのでとても便利です。

目測で合わせる

素早くピントを合わせるためのコツとしておすすめなのは、事前に「目測で合わせておく」ということです。

撮影対象を決めた後に、自分とそのピントを合わせたい箇所までのおおよその距離を掴んでおきます。これは何度か繰り返すことである程度感覚として分かってきます。そしてその距離に合わせてピントリングを先に回しておきます。これはレンズの目盛りを実際に見ながら行っても良いのですが、見ずに行えると更に良いでしょう。カメラと手の角度の関係で記憶したり、他にも例えば無限遠の位置からどれくらい回したかなどで記憶しておいて、撮ろうと思った瞬間にあらかじめ合わせておけるととても良いと思います。そしてその後実際にファインダーをのぞいて微調整するだけで、ピントは合わせられますので、この動作を覚えるとファインダーをのぞいてからシャッターを切るまでの時間はとても短くなります。

またこうすることによりファインダー内の像の動きに惑わされることなく素早くピントが合わせられます。

体とカメラを前後に動かして最終調整する

ファインダーをのぞきながらピントリングを回しすべて調整しても良いのですが、それでは両手を必ず使うことになります。ある程度目測でピントを合わせた後、体を前後に移動させることでピントを調整できるようになると更にピント合わせが早く、しかも簡単になります。また片手は使わずに済みますので、この空いた片手で被写体とコミュニケーションを取ったりするのも良いかと思います。

以上がレンジファインダーのピントの合わせ方の紹介となります。撮影する対象や撮影状況に応じて様々な方法を使い分けて、すばやくピントを合わせられるようにしましょう。シャッターチャンスを逃さないようにしつつ、構図への意識配分ができるようになると更に撮影の上達が見込めます。レンジファインダーのピントの合わせは練習あるのみです。

良く読まれている記事

合わせて読みたい

オススメ

LEICA SHOOTINGライカで撮影

ライカ初心者向けカメラ講座

ライカの撮影方法(理論編)

ライカの撮影方法(実践編)

LEICA PHOTOライカで撮った写真

LEICA FEATUREライカ特集