パウル・ヴォルフ(Paul wolff)

ドイツの写真家(1887-1951)。

医学を学び医師になったあと写真に目をつけ故郷の風景を含むポートフォリオを制作。カメラオペレーターとして働いた後、フリーのカメラマンとして活動。ポートレートや風景、静物をライカで撮影した。ライカのパイオニアとして有名。

パウル・ヴォルフ(Paul wolff)について詳しく知るなら下記がおすすめです。

パウル・ヴォルフ(Paul wolff)の写真集

オススメ

自分の写真を額装して販売できるアートジーン

ライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール