Summitar 50mm f2.0レビュー

Summitar 50mm f2.0
実売価格を見る

ライカ(Leica)の標準レンズであるSummitar(ズミタール) 50mm f2.0について解説します。

Summitar 50mm f2.0の中古に関する情報はページ下記へ。

Summitar 50mm f2.0の仕様

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
4群7枚
マウント
ライカL
焦点距離
50mm
F値
2
重量
240g
最短撮影距離
1m
フィルター
E36
フード
SOOPD, SOOFM
製作年
1939-1955
市場価格
約30,000-60,000円

Summitar 50mm f2.0の特徴

Summitar 50mm f2.0の特徴について要点をまとめました。

開放では特徴的なぐるぐるボケがあり、絞ると端正な描写となる二面性のあるレンズ。階調豊かな写りでモノクロで真価を発揮するレンズ。

デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Summitar 50mm f2.0のメリット・デメリット

Summitar 50mm f2.0の特徴をふまえたおすすめポイントと懸念点(メリット・デメリット)。

Summitar 50mm f2.0のメリット

  • 階調豊かで解像しつつ柔らかい描写。
  • 安価で手に入れやすい。

Summitar 50mm f2.0のデメリット

  • 逆光に非常に弱い。
  • ズミクロンほどしっかり写らずどこか甘い雰囲気が残る。



Summitar 50mm f2.0の作例

Summitar 50mm f2.0の作例は下記から見ることができます。

Summitar 50mm f2.0の中古を探す

Summitar 50mm f2.0

ネットでライカのレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態のラインナップが豊富で、格安かつ送料無料で購入できます。

同じ画角のその他のライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール