Noctilux 50mm f1.0レビュー

Noctilux 50mm f1.0PHOTO BY J

Noctilux 50mm f1.0
実売価格を見る

ライカ(Leica)の超大口径レンズである、Noctilux(ノクティルックス) 50mm f1.0について解説します。

Noctilux 50mm f1.0の中古に関する情報はページ下記へ。

Noctilux 50mm f1.0の仕様

Noctilux 50mm f1.0

Noctilux 50mm f1.0

Noctilux 50mm f1.0

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
6群7枚
マウント
ライカM
焦点距離
50mm
F値
1.0
画角
47°
絞り羽根数
10枚
重量
580g(1st), 630g
最短撮影距離
1m
フィルター
E58(1st),E60
フード
12519(1st), 12539, 12544、組み込み(last)
製作年
1976-2008
カラー
ブラック
市場価格
約700,000-900,000円

Noctilux 50mm f1.0PHOTO BY J

Noctilux 50mm f1.0PHOTO BY Osamu Kaneko

Noctilux 50mm f1.0PHOTO BY MaxDeVa






Noctilux 50mm f1.0の特徴

Noctilux 50mm f1.0

ライカの中で最も明るいレンズにつけられる「ノクティルックス」。

ライカのレンズの中でも高級な代名詞となっており、その第2世代の当レンズは人間の眼と同じ明るさとなるF1.0という驚異の明るさを誇る。

F1.2のものよりも6群7枚と少し複雑な構成となり、開放からしっかりとしたコントラストを持つ。またボケもスムースで、なめらかさが際立ち、ただ開放値を明るくしただけではない、きちんと破綻のない描写に収めている点がノクティルックスの凄み。

被写界深度がとても浅く、このピント面の薄さと柔らかなグラデーションを描くボケとの対比はノクティルックスにしか撮れない特別な絵作りで、今でも貴重なものとなっている。

フィルター径やフードの違いで4つのバージョンが存在する。

描写性能
悪い  良い
使い勝手
悪い  良い
デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Noctilux 50mm f1.0のメリット・デメリット

Noctilux 50mm f1.0の特徴をふまえたおすすめポイントと懸念点(メリット・デメリット)。

Noctilux 50mm f1.0のメリット

  • 開放ではこのレンズでしか味わえない独特のボケ感が魅力。
  • 開放でも甘すぎず解像力のある写り。絞ってもしっかり写り、撮影対象を選ばない。

Noctilux 50mm f1.0のデメリット

  • 価格が高騰し、気軽に手を出せない価格。
  • ライカレンズとしては大きく重いため軽快な撮影とはならない。



Noctilux 50mm f1.0PHOTO BY Osamu Kaneko

Noctilux 50mm f1.0に関するメモ

  • 4つのバージョンがあり、初期のフィルター径はE58、その後はE60となっている。
  • 最後のモデルのみフードは組み込み式となっている。
  • 1st - E58/フード12519 (1976-1978)
    2nd - E58/フード12539 (1978-1982)
    3rd - E58/フード12544 (1982-1993)
    4th - E58/フード組み込み (1993-2008)


Noctilux 50mm f1.0の作例

Noctilux 50mm f1.0PHOTO BY Superbaka

Noctilux 50mm f1.0の作例は下記から見ることができます。

Noctilux 50mm f1.0の中古を探す

Noctilux 50mm f1.0

ネットでレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態の中古商品ラインナップが豊富で、送料無料で購入できます。

同じ画角のその他のライカMマウントレンズ

ライカMマウントレンズ早見表

ライカMマウントのレンズを焦点距離とF値で分類し表にしました。メーカーごとのレンズをスペックで探すのに便利です。

オススメ

自分の写真を額装して販売できるアートジーン

ライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール