Summicron 35mm f2.0 1stレビュー

ライカ(Leica)の広角レンズである、Summicron(ズミクロン) 35mm f2.0 1stについて解説します。

Summicron 35mm f2.0 1stの中古に関する情報はページ下記へ。

Summicron 35mm f2.0 1stの仕様

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
6群8枚
マウント
ライカM、ライカL
焦点距離
35mm
F値
2.0
重量
150g
フィルター
E39
フード
12021, 12538, 12571, 12571, 12571, IROOA
製作年
1958-1969
市場価格
約200,000-300,000円

Summicron 35mm f2.0 1stの特徴

Summicron 35mm f2.0 1stの特徴について要点をまとめました。

いわゆる「8枚玉」といわれる初代ズミクロン35mm。メッキや金属加工の質が高く、古いレンズながら描写は最高峰のものとして認知されている名レンズ。M3用のメガネ付きがある。それぞれシルバークロームとブラッククローム(部分的にブラックペイント)の2種類がある。カナダ製とドイツ製があり、ドイツ製のほうが少なく高価。

デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Summicron 35mm f2.0 1stのメリット・デメリット

Summicron 35mm f2.0 1stの特徴をふまえて、良い所と悪い所(メリット・デメリット)をそれぞれあげてみます。

Summicron 35mm f2.0 1stのメリット

  • 工芸品のようなレンズ鏡胴。モノとしての完成度が非常に高い。
  • 絶妙な描写、高い解像度ながらも硬すぎない絵作り。

Summicron 35mm f2.0 1stのデメリット

  • あえていうなら、最も人気のレンズであるため価格が高い。



Summicron 35mm f2.0 1stの作例

Summicron 35mm f2.0 1stの作例は下記から見ることができます。

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集