Noctilux 50mm f0.95 ASPH.レビュー

Noctilux 50mm f0.95PHOTO BY Agence Tophos

ライカ(Leica)の超大口径レンズである、Noctilux(ノクティルックス) 50mm f0.95 ASPH. について解説します。

Noctilux 50mm f0.95 ASPH.の中古に関する情報はページ下記へ。

Noctilux 50mm f0.95 ASPH.の仕様

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
5群8枚
マウント
ライカM
焦点距離
50mm
F値
0.95
重量
700g
フィルター
フード
組み込み
製作年
2008-
市場価格
約800,000-円

Noctilux 50mm f0.95 ASPH.の特徴

Noctilux 50mm f0.95 ASPH.の特徴について要点をまとめました。

世界最高レベルのF値を誇る、ライカの中で最も明るいレンズ。被写界深度がとても浅くノクティルックスにしか撮れない特別な絵作りが特徴。

デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Noctilux 50mm f0.95PHOTO BY Agence Tophos

Noctilux 50mm f0.95 ASPH.のメリット・デメリット

Noctilux 50mm f0.95 ASPH.の特徴をふまえて、良い所と悪い所(メリット・デメリット)をそれぞれあげてみます。

Noctilux 50mm f0.95 ASPH.のメリット

  • 開放ではこのレンズでしか味わえない独特のボケ感が魅力。
  • 開放でも甘すぎず解像力のある写り。絞ってもしっかり写り、撮影対象を選ばない。

Noctilux 50mm f0.95 ASPH.のデメリット

  • 新品では140万円という価格の高さ。
  • ライカレンズとしては最も大きく重いタイプのモデル。軽快な撮影というよりじっくり撮る印象。



Noctilux 50mm f0.95 ASPH.の作例

Noctilux 50mm f0.95 ASPH.の作例は下記から見ることができます。

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集