ウィリアム・クライン(William Klein)

アメリカの写真家。

まだ写真というメディアにおいて好ましくないものとされていたブレやボケ、アレなどを取り入れた作品「New York」(1956)はあまりにも有名。使用した主なライカはライカR6とElmarit 28mm。

ウィリアム・クライン(William Klein)について詳しく知るなら下記がおすすめです。

ウィリアム・クライン(William Klein)の写真集

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集