LEICA M8レビュー

LEICA M8
実売価格を見る

LEICA M8

LEICA M8

LEICA M8

LEICA M8の仕様

マウント
Mマウント
撮影形式
デジタル
タイプ
M型ライカ
レンジファインダー
0.68倍
シャッター最高速
1/8000
シャッター最低速
32s
ISO
160〜2500
撮像素子
APS-H 1030万画素 CCDセンサー
露出モード
自動モード、マニュアル
液晶モニター
2.5型 LCDモニター
サイズ
139×80×39mm
重量
545g
製作年
2006-2009

LEICA M8PHOTO BY Romain Guy

LEICA M8の特徴

ライカM型初めてのデジタルカメラ。

映像素子はライカM9、M10等よりもひとまわり小さいAPS-Hサイズで有効画素数1030万画素のCCDセンサーを採用。映像素子のサイズの関係で撮影時の焦点距離はレンズの約1.33倍になる。(35mmレンズがおおよそ50mm画角になる)

解像感を重視してローパスフィルターレスとするなど先進的な設計が光ったモデル。

LEICA M8PHOTO BY Robert Scoble

LEICA M8のメリット、デメリット

  • ライブビュー撮影がない。
  • APS-Cよりひとまわり大きいセンサーサイズでフルサイズではない。
  • レンズの画角が変わる(35mmは約46mm、50mmは67mm程度の画角になる)。
  • 上記のため、広角レンズを標準レンズのように使用できる。
  • 1/8000秒で撮影できるので、晴天時でも開放で撮れる。
  • ややシャッター音が大きい。
  • ファームウェアのアップデートでも8GBまでのSDカードしか対応していない。
  • センサーの赤外カットフィルターが薄いため、レンズにUV/IRフィルターが必須。
  • 上記のため、赤外写真を撮れる唯一のライカM型。

LEICA M8で撮影された作例

LEICA M8PHOTO BY Vincent

LEICA M8PHOTO BY Vincent

LEICA M8PHOTO BY Vincent

LEICA M8PHOTO BY bfishadow

LEICA M8PHOTO BY Jose Felix

→もっとLEICA M8の作例を見る

LEICA M8を選ぶのに向いている人

画素数は1030万画素というサイズだが、大型のプリントや極端なトリミングなど現代の解像度の恩恵を駆使する人でなければ問題なし。専用のCCDを開発しライカのレンズの描写を最大限引き出すように設計されているので、古い機種ながら今でも非常に高い描写能力を持っている。フルサイズにこだわらなければ比較的安価にデジタルライカを始められるのが良いところ。

レンズの画角が変わるので、例えば好みの35mmレンズを50mm程度の画角として標準レンズにできる楽しみもある。基本的な性能(レンズをつけて写真を撮るという部分)は今の現行ボディと大きく変わらないため、デジタルライカに興味があれば今でも有力な選択肢のひとつ。

LEICA M8

LEICA M8の特別モデル

    後のライカM8.2モデルが発売される直前に極少数生産された「ライカM8ブラックスペシャル」がある。ボディはブラックで、シャッターボタン、シャッターダイアル、アクセサリーシュー、フレームセレクトレバー、底蓋のノブなどがシルバークローム仕様となっている。

    LEICA M8 White
    LEICA M8.2 Safari

LEICA M8の中古を探す

LEICA M8

ネットで中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態の中古商品ラインナップが豊富で、送料無料で購入できます。

楽天で中古在庫を見る

ライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール