Hektor 2.8cm f6.3レビュー

Hektor 2.8cm f6.3
実売価格を見る

ライカ(Leica)の広角レンズである、Hektor(ヘクトール) 2.8cm f6.3について解説します。

Hektor 2.8cm f6.3の中古に関する情報はページ下記へ。

Hektor 2.8cm f6.3の仕様

Hektor 2.8cm f6.3

Hektor 2.8cm f6.3

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
3群5枚
マウント
ライカL
焦点距離
28mm
F値
6.3、9、12.5、18、25
画角
76°
絞り羽根数
6枚
重量
110g
最短撮影距離
1m
フィルター
A36
フード
SOOHN
製作年
1935-1955
カラー
ニッケル / シルバー
市場価格
約100,000-200,000円

Hektor 2.8cm f6.3の特徴

ツァイスのテッサー28mm f8に対抗し1935年に製造されたトリプレットの歴史的なレンズ。開放F値は6.3と現代では暗いレンズに位置するが当時としては明るく、28mmという画角も超広角の域にあった。長い間モデルチェンジされず、後のズマロン28mm f5.6の登場までは唯一の28mmレンズとなる。

ライカのあらゆるレンズの中でも最も小さい部類で、その小ささから軽快にパンフォーカスで撮影することができる。描写としては中間画角までは適度にシャープに写り、四隅に行くにしたがって甘さと光量落ちがある。

オールドレンズ特有の収差が大きくあるもののメリハリのある絵作りはデジタルカメラとの相性も良い。初期のものにニッケル仕上げのものがある。

描写性能
悪い  良い
使い勝手
悪い  良い
デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Hektor 2.8cm f6.3のメリット・デメリット

Hektor 2.8cm f6.3の特徴をふまえたおすすめポイントと懸念点(メリット・デメリット)。

Hektor 2.8cm f6.3のメリット

  • ボディキャップなみの薄さでとにかく軽い。
  • オールドレンズながらもキレがあり、シャープ。

Hektor 2.8cm f6.3のデメリット

  • 周辺光量落ちがけっこうある。
  • 開放でもf6.3というF値。
  • 絞りのレバーが前面にあるため切り替えにくい。





Hektor 2.8cm f6.3の作例

Hektor 2.8cm f6.3の作例は下記から見ることができます。

Hektor 2.8cm f6.3の中古を探す

Hektor 2.8cm f6.3

ネットでレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態の中古商品ラインナップが豊富で、送料無料で購入できます。

同じ画角のその他のライカMマウントレンズ

ライカMマウントレンズ早見表

ライカMマウントのレンズを焦点距離とF値で分類し表にしました。メーカーごとのレンズをスペックで探すのに便利です。

オススメ

自分の写真を額装して販売できるアートジーン

ライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール