Summilux 35mm f1.4 2ndレビュー

Summilux 35mm f1.4 2nd

Summilux 35mm f1.4 2nd
実売価格を見る

ライカ(Leica)の広角レンズである、Summilux(ズミルックス) 35mm f1.4 2ndについて解説します。

Summilux 35mm f1.4 2ndの中古に関する情報はページ下記へ。

Summilux 35mm f1.4 2ndの仕様

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
5群7枚
マウント
ライカM
焦点距離
35mm
F値
1.4
重量
245g
最短撮影距離
1m
フィルター
ねじ切りなし。シリーズ7フィルターをフードにはめ込む。
フード
12504, 12526
製作年
1967-1995
市場価格
約250,000-400,000円

Summilux 35mm f1.4 2ndの特徴

Summilux 35mm f1.4 2ndの特徴について要点をまとめました。

すっきりとしたレンズ鏡胴のデザインに加え、開放では柔らかに滲む独特の描写が魅力。絞ると驚くほどシャープに解像するのでF値によって様々な撮り方ができる。

デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Summilux 35mm f1.4 2nd

Summilux 35mm f1.4 2ndのメリット・デメリット

Summilux 35mm f1.4 2ndの特徴をふまえたおすすめポイントと懸念点(メリット・デメリット)。

Summilux 35mm f1.4 2ndのメリット

  • 美しくシンプルなレンズ外観。
  • F値によって変化する描写で撮影に幅ができる。
  • 歪みのない精緻な描写。

Summilux 35mm f1.4 2ndのデメリット

  • フィルターのねじ切りがないため、フードなしでは使いづらい。



Summilux 35mm f1.4 2ndに関するメモ

  • 1992年に発売されたLeica M6チタンに合わせて作られたチタンバージョンが存在する。
  • 初期のタイプにはヘリコイドが無限遠でカチッと止まるストッパーつきのものがある。またレンズの鏡胴に35と書かれたものと書かれていないものがある。
  • f1.4では滲みが大きく出るため使い所を選ぶ必要があるが、f1.7だとボケは大きいままに滲みを抑えることができる。絞りで滲みをコントロールするとより幅広い撮影ができる。
  • 以前はこの2ndも1st=第1世代と呼ばれており、本レンズは第1世代の後期にあたる。描写性能は第1世代で共通。

Summilux 35mm f1.4 2ndの作例

Summilux 35mm f1.4 2ndの作例は下記から見ることができます。

Summilux 35mm f1.4 2ndの中古を探す

Summilux 35mm f1.4 2nd

ネットでライカのレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態のラインナップが豊富で、格安かつ送料無料で購入できます。

同じ画角のその他のライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール