Summaron 35mm f3.5レビュー

Summaron 35mm f3.5PHOTO BY Osamu Kaneko

Summaron 35mm f3.5
実売価格を見る

ライカ(Leica)の広角レンズである、Summaron(ズマロン) 35mm f3.5について解説します。

Summaron 35mm f3.5の中古に関する情報はページ下記へ。

Summaron 35mm f3.5の仕様

Summaron 35mm f3.5

Summaron 35mm f3.5

Summaron 35mm f3.5

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
4群6枚
マウント
ライカM、ライカL
焦点距離
35mm
F値
3.5
画角
64°
絞り羽根数
10枚
重量
180g
最短撮影距離
1m
フィルター
A36(L)E39(M)
フード
A36:12505 (FOOKH), FLQOO, E39:12571(IROOA), ITDOO, 12585
製作年
1946-1960
カラー
シルバー
市場価格
約80,000-150,000円

Summaron 35mm f3.5PHOTO BY Timothy Brown

Summaron 35mm f3.5PHOTO BY Mike Maguire

Summaron 35mm f3.5PHOTO BY Mike Maguire






Summaron 35mm f3.5の特徴

中口径で4群6枚と凝った構成のレンズ。このレンズが作られるまではエルマー35mm、ヘクトール28mmともにそれぞれのレンズ構成で画角を広げたものであったため周辺画質に難があったが、このズマロン35mm f3.5で隅々まで鮮鋭な描写を得ることができるようになった。

後に鏡胴デザインを変えてMマウントでも製造され、更に一段明るくなりズマロン35mm f2.8となる。

サンハンズマロンと呼ばれライカレンズの中で比較的安価なのも魅力。快調豊かでモノクロで撮ると真価を発揮するレンズ。M3用の35mmファインダーをレンズにつけたメガネ付きズマロンというものも存在する。

梨地のクロームでレンズデザイン、作り込みともに素晴らしい。デジタルのライカとの相性も良く、コントラストが低めながらも飽きのこないナチュラルな絵作りにも最適のレンズ。

描写性能
悪い  良い
使い勝手
悪い  良い
デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Summaron 35mm f3.5のメリット・デメリット

Summaron 35mm f3.5の特徴をふまえたおすすめポイントと懸念点(メリット・デメリット)。

Summaron 35mm f3.5のメリット

  • ズマロン独特の良好な描写が味わえる。
  • 価格はライカレンズの中でも安価で手に入れやすい。

Summaron 35mm f3.5のデメリット

  • 古いレンズであるためくもりのあるものが多い。



Summaron 35mm f3.5PHOTO BY kuujinbo (-_-')



Summaron 35mm f3.5の作例

Summaron 35mm f3.5PHOTO BY eiji ienaga

Summaron 35mm f3.5の作例は下記から見ることができます。

ライカMレンズのマウントアダプター

Summaron 35mm f3.5の中古を探す

Summaron 35mm f3.5

ネットでレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態の中古商品ラインナップが豊富で、送料無料で購入できます。

同じカテゴリのその他ライカレンズ

ライカレンズ早見表

ライカのレンズを焦点距離とF値で分類し表にしました。メーカーごとのレンズをスペックで探すのに便利です。

オススメ



おすすめ写真本

初めてのライカ

ライカMマウントレンズ

良く読まれている記事

合わせて読みたい

LEICA STUDYライカを学ぶ



マウントアダプター簡単検索ツール