Summarex 85mm f1.5レビュー

Summarex 85mm f1.5PHOTO BY Sanshiro KUBOTA

Summarex 85mm f1.5
実売価格を見る

ライカ(Leica)の中望遠レンズであるSummarex(ズマレックス) 85mm f1.5について解説します。

Summarex 85mm f1.5の中古に関する情報はページ下記へ。

Summarex 85mm f1.5の仕様

Summarex 85mm f1.5

Summarex 85mm f1.5

Summarex 85mm f1.5

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
5群7枚
マウント
ライカL、ライカM
焦点距離
85mm
F値
1.5
画角
28°
絞り羽根数
17枚
重量
800g
最短撮影距離
1m
フィルター
E58
フード
12525 (ORQPO)
製作年
1943-1960
カラー
ブラック / シルバー
市場価格
約250,000-400,000円

Summarex 85mm f1.5PHOTO BY 岡馬勲

Summarex 85mm f1.5の特徴

バルナックライカ用に採算度外視で製造された贅沢な作りの大口径中望遠レンズ。開放値F1.5は当時としては非常に明るく特別なレンズであった。手に持つとずしりとした重量感がある。

生産数は極めて少なく状態の良いものも手に入れづらいレンズだが、描写はオールドレンズらしさを残しつつも気品あふれる細かやかな質感に優れている。触れると崩れてしまいそうなピント部の繊細さとアウトフォーカスした部分のボケの柔らかさの対比が特徴。

なおSummarex(ズマレックス)の意味としては「Summa」が「最高の」、「rex」が「王」を指し、「最高の王」という意味合いをもたせている。

初期型はブラックでわずか276本、シルバークロームを含めても4,066本と数が少なくレアなレンズとなっている。

描写性能
悪い  良い
使い勝手
悪い  良い
デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Summarex 85mm f1.5のメリット・デメリット

Summarex 85mm f1.5の特徴をふまえたおすすめポイントと懸念点(メリット・デメリット)。

Summarex 85mm f1.5のメリット

  • しっとりとした上品な描写に加え、豊かな階調に優れる。
  • 手の込んだライツの技術を感じさせる精巧な作り。

Summarex 85mm f1.5のデメリット

  • ずっしりとした重量に加えライカレンズの中ではかなり大きめのサイズ感。
  • 価格が高騰気味で状態の良いものを手に入れづらい。



Summarex 85mm f1.5に関するメモ

  • 戦前のモデルに少数のブラックペイントモデルがある。


Summarex 85mm f1.5の作例

Summarex 85mm f1.5の作例は下記から見ることができます。

Summarex 85mm f1.5の中古を探す

Summarex 85mm f1.5

ネットでレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態の中古商品ラインナップが豊富で、送料無料で購入できます。

同じ画角のその他のライカMマウントレンズ

ライカMマウントレンズ早見表

ライカMマウントのレンズを焦点距離とF値で分類し表にしました。メーカーごとのレンズをスペックで探すのに便利です。

オススメ

自分の写真を額装して販売できるアートジーン

ライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール