Noctilux 50mm f1.2レビュー

Noctilux 50mm f1.2
実売価格を見る

ライカ(Leica)の超大口径レンズである、Noctilux(ノクティルックス) 50mm f1.2について解説します。

Noctilux 50mm f1.2の中古に関する情報はページ下記へ。

Noctilux 50mm f1.2の仕様

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
4群6枚
マウント
ライカM
焦点距離
50mm
F値
1.2
重量
470g
フィルター
シリーズ8
フード
12503
製作年
1966-1975
市場価格
約3,000,000-円

Noctilux 50mm f1.2の特徴

Noctilux 50mm f1.2の特徴について要点をまとめました。

開放でのとろけるようなボケと光の滲みから夢の中にいるような写真が撮れる最高の一本。他に類を見ない描写とその本数の少なさからライカの中でも随一のプレミアレンズとなっており、入手が非常に困難となっている。

デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Noctilux 50mm f1.2のメリット・デメリット

Noctilux 50mm f1.2の特徴をふまえて、良い所と悪い所(メリット・デメリット)をそれぞれあげてみます。

Noctilux 50mm f1.2のメリット

  • 独特のボケと光の滲みを使用した特徴のある写真が撮れる。

Noctilux 50mm f1.2のデメリット

  • 驚くほどの価格高騰から入手がしにくい。



Noctilux 50mm f1.2に関するメモ

  • 描写としてはコントラストはやや低め、歪曲収差も見られ、開放では周辺光量の低下が見られる。
  • 2枚の非球面レンズが使われており、人の手によって調整がされている。
  • 約2,000個体がNASAの宇宙実験で使用された。

Noctilux 50mm f1.2の作例

Noctilux 50mm f1.2の作例は下記から見ることができます。

Noctilux 50mm f1.2の中古を探す

Noctilux 50mm f1.2

ネットでライカのレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態のラインナップが豊富で、格安かつ送料無料で購入できます。

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集