LEICA M (Typ262)レビュー

LEICA M (Typ262)
実売価格を見る

LEICA M (Typ262)

LEICA M (Typ262)

LEICA M (Typ262)

LEICA M (Typ262)の仕様

マウント
Mマウント
撮影形式
デジタル
タイプ
M型ライカ
レンジファインダー
0.68倍
シャッター最高速
1/4000
シャッター最低速
60s
ISO
200〜6400
撮像素子
35mmフルサイズ 2400万画素 CMOSセンサー
露出モード
絞り優先AE、マニュアル
液晶モニター
3.0型TFTカラー液晶モニター(約92万ドット)
サイズ
139×80×42mm
重量
600g
製作年
2015-

LEICA M (Typ262)の特徴

ライカM (Typ240)から動画機能とライブビュー機能を除いたモデル。コードナンバーはTyp262。ライカMシステムのコンセプトを最もシンプルな形で体現したカメラで、静止画専用のボディとなっている。

ライカM (Typ240)ではライブビュー機能により超望遠や超広角レンズ、また距離計に連動しないレンズであっても画面で確認しながら撮影できたが、ライカ M (Typ262)ではプレビュー機能のみ。潔く従来のMシステムでの撮影に集中できる形となっている。なお、EVFも装着できない。

細かな仕様変更としてはトップカバーがアルミになり、重量に難のあったライカM Typ240より100gほど軽くなった。また正面の赤バッジはやや小ぶりになり、コンパクトな見た目になっている。フレームセレクトレバーはライカM (Typ240)と同様についていない。

LEICA M (Typ262)の使い勝手

操作方法や使い勝手としてはライカM (Typ240)とほぼ変わらないが、軽くなった分、人によっては機動力が増したようにも感じられる。

LEICA M (Typ262)のメリット、デメリット

    ・ライカM Typ240に比べて価格がやや安い。
    ・ライカM Typ240に比べて100gほど軽い。
    ・トップカバーがアルミになったことで少しライトな印象がある。
    ・前面の「M」マークがないためすっきりした印象がある。
    ・ライブビューが使えないので接写や望遠での撮影は難しい。

LEICA M (Typ262)で撮影された作例

LEICA M (Typ262)PHOTO BY Tiefengeist

LEICA M (Typ262)PHOTO BY 66 Rue Saint-Honoré

LEICA M (Typ262)PHOTO BY Tiefengeist

LEICA M (Typ262)PHOTO BY Tiefengeist

LEICA M (Typ262)PHOTO BY Tiefengeist

→もっとLEICA M (Typ262)の作例を見る

LEICA M (Typ262)を選ぶのに向いている人

撮れる写真の絵作りの傾向としてはライカM (Typ240)とまったく同じで、これはCCDセンサーのライカM9系とも、またCMOSのライカM10とも傾向が異なる。よってライカM10の比較的オーソドックスな絵作りよりも、ライカらしい(このライカらしさというのも人によって異なるのだが)特徴的なライカM (Typ240)系の絵作りが好みであれば、このライカ M (Typ262)は非常におすすめ。

M型ライカユーザーにとって動画撮影機能は余計だという認識が強かったため、より潔く写真撮影に集中でき、更に軽くなったこのライカ M (Typ262)は、シンプルにかつ本質的にTyp240系を味わえる貴重なモデルとなっている。

LEICA M (Typ262)の中古を探す

LEICA M (Typ262)

ネットで中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態の中古商品ラインナップが豊富で、送料無料で購入できます。

ライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール