Elmar 3.5cm f3.5レビュー

Elmar 3.5cm f3.5PHOTO BY Carlos Ebert

Elmar 3.5cm f3.5
実売価格を見る

ライカ(Leica)の広角レンズである、Elmar(エルマー) 3.5cm f3.5について解説します。

Elmar 3.5cm f3.5の中古に関する情報はページ下記へ。

Elmar 3.5cm f3.5の仕様

Elmar 3.5cm f3.5

Elmar 3.5cm f3.5

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
3群4枚
マウント
ライカL
焦点距離
35mm
F値
3.5、4.5、6.3、9、12.5、18
画角
64°
絞り羽根数
6枚
重量
112g
最短撮影距離
1m
フィルター
A36
フード
12505 (FOOKH), FLQOO, 12510 (FISON), 12530 (FIKUS), 12571 (IROOA)
製作年
1930-1950
カラー
ニッケル / シルバー
市場価格
約50,000-100,000円

Elmar 3.5cm f3.5PHOTO BY melquiades1898

Elmar 3.5cm f3.5PHOTO BY Mark Waldron

Elmar 3.5cm f3.5PHOTO BY Michael Woodhead

Elmar 3.5cm f3.5の特徴

ライカの最初に作られた広角レンズで、ライカのすべての基礎となる3群4枚の「エルマー」の35mmレンズ。C型ライカ、Ⅰ型と同時期に発表されたレンズでバルナックライカ時代を代表する長寿の広角レンズとなる。

絞りは大陸式と呼ばれる形で、最初期はニッケルメッキ仕上げ、その後クロームメッキとなる。戦後にはコーティングが施される。

非常に薄くコンパクト、小さなレンズながらも卒のないライカらしい丁寧な描写で、時代を超えて愛されるレンズ。オールドレンズといえども発色が良く、ライカの地力が見えるベーシックな一本。当時としてはf3.5は明るいレンズであった模様。

描写性能
悪い  良い
使い勝手
悪い  良い
デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Elmar 3.5cm f3.5のメリット・デメリット

Elmar 3.5cm f3.5の特徴をふまえたおすすめポイントと懸念点(メリット・デメリット)。

Elmar 3.5cm f3.5のメリット

  • とても小さくコンパクトで軽量。
  • ライカレンズの中でも安価。

Elmar 3.5cm f3.5のデメリット

  • 派手な描写ではないのでレンズ自体の特徴はやや控えめ。



Elmar 3.5cm f3.5PHOTO BY melquiades1898



Elmar 3.5cm f3.5の作例

Elmar 3.5cm f3.5PHOTO BY Michael Woodhead

Elmar 3.5cm f3.5の作例は下記から見ることができます。

Elmar 3.5cm f3.5の中古を探す

Elmar 3.5cm f3.5

ネットでレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態の中古商品ラインナップが豊富で、送料無料で購入できます。

同じ画角のその他のライカMマウントレンズ

ライカMマウントレンズ早見表

ライカMマウントのレンズを焦点距離とF値で分類し表にしました。メーカーごとのレンズをスペックで探すのに便利です。

オススメ

自分の写真を額装して販売できるアートジーン

ライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール