ELCAN 50mm f2.0レビュー

ELCAN 50mm f2.0
実売価格を見る

ライカ(Leica)の軍用標準レンズである、ELCAN(エルカン) 50mm f2.0について解説します。

ELCAN 50mm f2.0の中古に関する情報はページ下記へ。

ELCAN 50mm f2.0の仕様

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
4群4枚
マウント
ライカM
焦点距離
50mm
F値
2.0
画角
45°
絞り羽根数
10枚
重量
175g
最短撮影距離
76.2 cm
フィルター
E39
フード
C42-15.39F
カラー
ブラック
市場価格
約500,000-円




ELCAN 50mm f2.0の特徴

アメリカ軍向けに納入するための競争入札に勝ったライツが軍用ライカとして開発した「Leica KE-7A」と共に設計されたレンズ。

4群4枚のシンプルな構成で、当時プロジェクターレンズとして製造した最高峰のCOLORPLAN 90mm f2.5を参考に設計したと言われている。エルカンとはERNST LEITZ CANADAを略したもの。

低コスト生産と言われるものの実直な写りで、ボケも癖がなく、コントラストのバランスが良いレンズ。

描写性能
悪い  良い
使い勝手
悪い  良い
デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

ELCAN 50mm f2.0のメリット・デメリット

ELCAN 50mm f2.0の特徴をふまえたおすすめポイントと懸念点(メリット・デメリット)。

ELCAN 50mm f2.0のメリット

  • コンパクトな設計で軽快に撮影できる。
  • レンズ周囲の刻印が少なくミニマルな印象。

ELCAN 50mm f2.0のデメリット

  • レンズ単体で出回ることは少なく、超希少なレンズなため高価。
  • 特別良い描写をするわけではないのでコレクター向け。





ELCAN 50mm f2.0の作例

ELCAN 50mm f2.0の作例は下記から見ることができます。

ELCAN 50mm f2.0の中古を探す

ELCAN 50mm f2.0

ネットでレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態の中古商品ラインナップが豊富で、送料無料で購入できます。

同じ画角のその他のライカMマウントレンズ

ライカMマウントレンズ早見表

ライカMマウントのレンズを焦点距離とF値で分類し表にしました。メーカーごとのレンズをスペックで探すのに便利です。

オススメ

自分の写真を額装して販売できるアートジーン

ライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール