ELCAN 50mm f2.0レビュー

ライカ(Leica)の軍用標準レンズである、ELCAN(エルカン) 50mm f2.0について解説します。

ELCAN 50mm f2.0の中古に関する情報はページ下記へ。

ELCAN 50mm f2.0の仕様

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
4群4枚
マウント
ライカM
焦点距離
50mm
F値
2.0
重量
フィルター
フード
C42-15.39F
製作年
市場価格
約500,000-?円

ELCAN 50mm f2.0の特徴

ELCAN 50mm f2.0の特徴について要点をまとめました。

アメリカ軍向けの軍用ライカとして開発された「Leica KE-7A」と共に設計されたレンズ。エルカンとはERNST LEITZ CANADAを略したもの。低コスト生産と言われるものの実直な写りでコントラストのバランスが良い。

デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

ELCAN 50mm f2.0のメリット・デメリット

ELCAN 50mm f2.0の特徴をふまえて、良い所と悪い所(メリット・デメリット)をそれぞれあげてみます。

ELCAN 50mm f2.0のメリット

  • コンパクトな設計で軽快に撮影できる。
  • レンズ周囲の刻印が少なくミニマルな印象。

ELCAN 50mm f2.0のデメリット

  • レンズ単体で出回ることは少なく、超希少なレンズなため高価。
  • 特別良い描写をするわけではないのでコレクター向け。



ELCAN 50mm f2.0の作例

ELCAN 50mm f2.0の作例は下記から見ることができます。

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集