Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)レビュー

Summicron 90mm f2.0 3rdPHOTO BY Kelly Burkhart

Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)
実売価格を見る

ライカ(Leica)の望遠レンズであるSummicron(ズミクロン) 90mm f2.0 3rd (第3世代)について解説します。

Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)の中古に関する情報はページ下記へ。

Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)の仕様

Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)

Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)

Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
4群5枚
マウント
ライカM
焦点距離
90mm
F値
2.0
画角
27°
絞り羽根数
11枚
重量
475g / 690g(silver)
最短撮影距離
1m
フィルター
E49(1st)、E55(2nd)
フード
組み込み
製作年
1980-1998
カラー
ブラック / シルバー
市場価格
約120,000-200,000円

Summicron 90mm f2.0 3rdPHOTO BY Dani Mettler

Summicron 90mm f2.0 3rdPHOTO BY Happy When Shooting

Summicron 90mm f2.0 3rdPHOTO BY John Henderson







Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)の特徴

ライカの90mmの中で大口径の中望遠レンズ。ズミクロン90mmとしては第3世代となる。

これまでのズミクロン90mmよりもすっきりとしたモダンなデザインとなり、デジタルのM型ライカとの相性も良い。

ブラックに関しては前の世代よりもかなり軽量化され、現実的に持ち運びしやすい重量となった。

描写としては、ボケはスムーズで、ピント部のシャープもなかなか。どれもライカの水準を満たし高レベルで実現している。描写にこれといった個性がないために存在感が薄いレンズではあるが、写真撮影としての機能は高いスペックを誇るレンズ。

よりオールド感を求めると同じズミクロン90mmの2nd、コンパクトさを求めるとテレエルマリート90mm、より現代的な写りを期待するならアポズミクロン90mmなど、90mmの画角は他にも候補が多いためやや影に隠れがち。

描写性能
悪い  良い
使い勝手
悪い  良い
デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)のメリット・デメリット

Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)の特徴をふまえたおすすめポイントと懸念点(メリット・デメリット)。

Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)のメリット

  • 大口径で中庸なライカの写りを堪能できる。
  • デザイン鏡胴のバランスが良い。カメラにつけても良いルックス。
  • 前の世代と比べて操作性が格段に上がった。

Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)のデメリット

  • コンパクトさに欠けやや重い。
  • やや没個性的な描写。



Summicron 90mm f2.0 3rdPHOTO BY Far East Shutter



Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)の作例

Summicron 90mm f2.0 3rdPHOTO BY Robert Clarke

Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)の作例は下記から見ることができます。

ライカMレンズのマウントアダプター

Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)の中古を探す

Summicron 90mm f2.0 3rd (第3世代)

ネットでレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態の中古商品ラインナップが豊富で、送料無料で購入できます。

同じカテゴリのその他ライカレンズ

ライカレンズ早見表

ライカのレンズを焦点距離とF値で分類し表にしました。メーカーごとのレンズをスペックで探すのに便利です。

オススメ



おすすめ写真本

新着記事

初めてのライカ

ライカMマウントレンズ

良く読まれている記事

合わせて読みたい

LEICA STUDYライカを学ぶ



マウントアダプター簡単検索ツール