Summar 50mm f2.0レビュー

Summar 50mm f2.0
実売価格を見る

ライカ(Leica)の標準レンズであるSummar(ズマール) 50mm f2.0について解説します。

Summar 50mm f2.0の中古に関する情報はページ下記へ。

Summar 50mm f2.0の仕様

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
4群6枚
マウント
ライカL
焦点距離
50mm
F値
2
重量
205g
最短撮影距離
1m
フィルター
A36
フード
SOOMP
製作年
1933-1940
市場価格
約30,000-80,000円

Summar 50mm f2.0の特徴

Summar 50mm f2.0の特徴について要点をまとめました。

オールドらしい独特の描写が特徴の沈胴レンズ。ズミクロンとは対象的な写りで人気の一本。

デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Summar 50mm f2.0のメリット・デメリット

Summar 50mm f2.0の特徴をふまえたおすすめポイントと懸念点(メリット・デメリット)。

Summar 50mm f2.0のメリット

  • バランスの良い癖で味のある描写。
  • 安価で手に入れやすい。

Summar 50mm f2.0のデメリット

  • 前玉が柔らかい材質のため拭き傷のあるものが非常に多い。



Summar 50mm f2.0に関するメモ

  • クロームのものとニッケルのものがあり、ニッケルタイプはやや値が張る。
  • 通常は沈胴タイプだが固定鏡胴のものもあり、リジッドズマール、ひょっとこズマールなどと呼ばれ珍品。この中でも更にクロームタイプは数が少ない。
  • Tropen Summar、トロピカルズマールと呼ばれるガラスを1枚増やした4群7枚のレンズ構成のものがある。熱帯地方向けに供給されたもので通常のものよりも解像度が高い。鏡胴はやや長くなっている。

Summar 50mm f2.0の作例

Summar 50mm f2.0の作例は下記から見ることができます。

Summar 50mm f2.0の中古を探す

Summar 50mm f2.0

ネットでライカのレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態のラインナップが豊富で、格安かつ送料無料で購入できます。

同じ画角のその他のライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール