Hektor 50mm f2.5レビュー

ライカ(Leica)の標準レンズレンズである、Hektor 50mm f2.5について解説します。

Hektor 50mm f2.5の中古に関する情報はページ下記へ。

Hektor 50mm f2.5の仕様

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
3群6枚
マウント
ライカL
焦点距離
50mm
F値
2.5
重量
190g
フィルター
フード
FIKUS, FISON
製作年
1930-1936
市場価格
約70,000-100,000円

Hektor 50mm f2.5の特徴

Hektor 50mm f2.5の特徴について要点をまとめました。

F値は2.5と使いやすく、少しあまい描写はオールドレンズそのもの。色の再現度は低いため、モノクロで性能を発揮しやすいレンズ。

デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Hektor 50mm f2.5のメリット・デメリット

Hektor 50mm f2.5の特徴をふまえて、良い所と悪い所(メリット・デメリット)をそれぞれあげてみます。

Hektor 50mm f2.5のメリット

  • オールドレンズ特有の滲みがある。
  • 柔らかな描写の中にしっかりと解像する絵作り。

Hektor 50mm f2.5のデメリット

  • コントラストがやや低くモノクロ向け。
  • コーティングがないため、フレアが出やすくレンズのスレや傷のある個体が多い。
  • 生産数が少なく貴重なレンズ。



Hektor 50mm f2.5の作例

Hektor 50mm f2.5の作例は下記から見ることができます。

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集