APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.レビュー

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.PHOTO BY Paolo Gamba

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.
実売価格を見る

ライカ(Leica)の望遠レンズであるAPO Telyt(アポテリート) 135mm f3.4について解説します。

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.の中古に関する情報はページ下記へ。

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.の仕様

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
4群5枚
マウント
ライカM
焦点距離
135mm
F値
3.4
画角
18°
重量
450g
最短撮影距離
1.5m
フィルター
E49
フード
組み込み
製作年
1998-
カラー
ブラック
市場価格
約300,000-450,000円

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.PHOTO BY Paolo Gamba

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.PHOTO BY Paolo Gamba

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.PHOTO BY Andreas Øverland




APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.の特徴

M型ライカ用レンズとしては最望遠の135mmの現行レンズで、アポクロマート補正を取り込んだ望遠レンズ。

明るさはテレエルマー135mmのF4とエルマリート135mm F2.8の中間に収め、現実的に使用できる開放値のもと性能の向上を目指したレンズ設計となっている。

望遠レンズに起こりがちな収差を良好に補正しているため、非常に高解像度な写りをする。現代的なシャープ感の中にも柔らかさが同居するような傾向で、絞り開放からコントラストも高く、しっかりとした写りで安定して使用できる。

遠い被写体であっても細かいところまでシャープに移すことができ、独特の立体感を得ることができるメリットがある。そしてカラーの発色やバランスも良く、ナチュラルな色再現性が特徴。

開放ではピント面が非常に浅いため、ライブビューやEVFでの使用が前提となる。

描写性能
悪い  良い
使い勝手
悪い  良い
デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.のメリット・デメリット

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.の特徴をふまえたおすすめポイントと懸念点(メリット・デメリット)。

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.のメリット

  • Elmarit 135mmよりも軽量、コンパクト。
  • 現行レンズが持つシャープネスを体感できる。

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.のデメリット

  • やや扱いづらい135mmという画角にしては高価な価格帯。



APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.PHOTO BY Paolo Gamba



APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.の作例

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.PHOTO BY Paolo Gamba

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.の作例は下記から見ることができます。

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.の中古を探す

APO Telyt 135mm f3.4 ASPH.

ネットでレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態の中古商品ラインナップが豊富で、送料無料で購入できます。

同じ画角のその他のライカMマウントレンズ

ライカMマウントレンズ早見表

ライカMマウントのレンズを焦点距離とF値で分類し表にしました。メーカーごとのレンズをスペックで探すのに便利です。

オススメ

自分の写真を額装して販売できるアートジーン

ライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール