350kgの偽ライカ

中国のアーティストLiao Yibaiによって「Fake Leica」と名付けられた彫刻が作られました。メインのものは重さ350kgで素材はステンレスで出来ています。3つバージョンがあり、ひとつはLeica store Lisseにあり、もうひとつはLeica Camera AGが取得し、最後の一つは販売業者が手に入れたようです。カメラはライカM6、M7をベースとして、背面はM9の液晶があります。これが「Fake Leica」という名の由来だそう。レンズはSummicron 50mm F2。写真はこちらから見ることができます。

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集