Summilux 21mm f1.4 ASPH.レビュー

Summilux 21mm f1.4 ASPH.PHOTO BY 岡馬勲

Summilux 21mm f1.4 ASPH.
実売価格を見る

ライカ(Leica)の広角大口径レンズである、Summilux(ズミルックス) 21mm f1.4 ASPH. について解説します。

Summilux 21mm f1.4 ASPH.の中古に関する情報はページ下記へ。

Summilux 21mm f1.4 ASPH.の仕様

Summilux 21mm f1.4 ASPH.

Summilux 21mm f1.4 ASPH.

Summilux 21mm f1.4 ASPH.

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
8群10枚
マウント
ライカM
焦点距離
21mm
F値
1.4
画角
92°
重量
580g
最短撮影距離
0.7m
フィルター
シリーズ8
フード
12461
製作年
2008-
カラー
ブラック
市場価格
約600,000-900,000円

Summilux 21mm f1.4 ASPH.PHOTO BY Frankie Chu

Summilux 21mm f1.4 ASPH.PHOTO BY Ben Ledbetter, Architect

Summilux 21mm f1.4 ASPH.PHOTO BY Alfred Weidinger


Summilux 21mm f1.4 ASPH.の特徴

Summilux 21mm f1.4 ASPH.

21mmの超広角の画角で非常に設計の難しいf1.4を実現した大口径レンズ。

超広角は一般的にほとんどパンフォーカスで撮られることが多いなか、被写界深度の浅さを利用して、ボケ味を活かした写真を撮ることができる稀有なレンズ。コントラストは高く線が細い描写が特徴で、シャープさの際立った部分となめらかなボケの対比が写真表現に一役をかってくれる。

色乗りも濃く、超広角でドラマチックな写真を撮りたいのであれば有力な候補になるレンズ。モダンな外観で大振りなサイズながらも描写に関しては文句なしの究極の性能を持った一本。

描写性能
悪い  良い
使い勝手
悪い  良い
デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Summilux 21mm f1.4 ASPH.のメリット・デメリット

Summilux 21mm f1.4 ASPH.

Summilux 21mm f1.4 ASPH.の特徴をふまえたおすすめポイントと懸念点(メリット・デメリット)。

Summilux 21mm f1.4 ASPH.のメリット

  • 圧倒的な解像度で大型のプリントにも十分耐えられる。
  • 大きなボケで広角レンズとしてはあまりない雰囲気の写真が撮れる。

Summilux 21mm f1.4 ASPH.のデメリット

  • ライカの中ではかなり重量が重いタイプ。
  • 値段が高く、高額なため容易に手に入れにくい。



Summilux 21mm f1.4 ASPH.PHOTO BY Ben Ledbetter, Architect



Summilux 21mm f1.4 ASPH.の作例

Summilux 21mm f1.4 ASPH.PHOTO BY Ben Ledbetter, Architect

Summilux 21mm f1.4 ASPH.の作例は下記から見ることができます。

Summilux 21mm f1.4 ASPH.の中古を探す

Summilux 21mm f1.4 ASPH.

ネットでレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態の中古商品ラインナップが豊富で、送料無料で購入できます。

同じ画角のその他のライカMマウントレンズ

ライカMマウントレンズ早見表

ライカMマウントのレンズを焦点距離とF値で分類し表にしました。メーカーごとのレンズをスペックで探すのに便利です。

オススメ

自分の写真を額装して販売できるアートジーン

ライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール