Summaron 28mm f5.6レビュー

Summaron 28mm f5.6PHOTO BY HM

Summaron 28mm f5.6
実売価格を見る

ライカ(Leica)の広角レンズであるSummaron(ズマロン) 28mm f5.6について解説します。

Summaron 28mm f5.6の中古に関する情報はページ下記へ。

Summaron 28mm f5.6の仕様

Summaron 28mm f5.6

Summaron 28mm f5.6

Summaron 28mm f5.6

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
4群6枚
マウント
ライカL、ライカM
焦点距離
28mm
F値
5.6
画角
76°
絞り羽根数
8枚
重量
150g
最短撮影距離
1m
フィルター
A36
フード
12500 (SOOBK)
製作年
1955-1963
カラー
シルバー
市場価格
約150,000-200,000(300,000)円

Summaron 28mm f5.6PHOTO BY HM

Summaron 28mm f5.6PHOTO BY HM

Summaron 28mm f5.6PHOTO BY HM





Summaron 28mm f5.6の特徴

Summaron 28mm f5.6

28mmでf5.6の単焦点レンズという特殊なレンズながらも独特の描写性能でファンの多いレンズ。レンズエレメントは奥まった位置にあり、そのサイズながらも非常に良く写る。中心部の解像度が高く、逆に周辺部が大きく流れるような描写&光量落ちも多くドラマティックに撮れるのが特徴。名レンズのひとつ。

描写性能
悪い  良い
使い勝手
悪い  良い
デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Summaron 28mm f5.6のメリット・デメリット

Summaron 28mm f5.6

Summaron 28mm f5.6の特徴をふまえたおすすめポイントと懸念点(メリット・デメリット)。

Summaron 28mm f5.6のメリット

  • コンパクトかつ美しいレンズの外観。
  • 特徴的な描写でこのズマロンにしか撮れない絵がある。
  • 軽量なのでスナップに最適。

Summaron 28mm f5.6のデメリット

  • ほぼパンフォーカスな絵になるので使いこなすのはやや難しい。
  • フードが非常に入手しにくい。



Summaron 28mm f5.6PHOTO BY HM

Summaron 28mm f5.6に関するメモ

  • 2016年に同じレンズ構成で復刻された。新しいフォントが採用され、鏡胴は艶のないサテン調仕上げ。コーティングは現代のものになっておりフレアやゴーストが出にくくなっている。
  • オリジナルはフードが非常に入手しにくいため、特別なこだわりがなければフード付きの復刻版がおすすめ。
  • オリジナルと復刻ではフードの互換性がないように設計されている。

2019年復刻タイプに耐摩耗性の高いマットなブラックペイントを施した限定モデルを発表。世界500本限定。

Summaron 28mm f5.6
Summaron 28mm f5.6
Summaron 28mm f5.6
Summaron 28mm f5.6



Summaron 28mm f5.6の作例

Summaron 28mm f5.6PHOTO BY HM

Summaron 28mm f5.6の作例は下記から見ることができます。

Summaron 28mm f5.6の中古を探す

Summaron 28mm f5.6

ネットでレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態の中古商品ラインナップが豊富で、送料無料で購入できます。

同じ画角のその他のライカMマウントレンズ

ライカMマウントレンズ早見表

ライカMマウントのレンズを焦点距離とF値で分類し表にしました。メーカーごとのレンズをスペックで探すのに便利です。

オススメ

自分の写真を額装して販売できるアートジーン

ライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール