Summicron 90mm f2.0 1stレビュー

Summicron 90mm f2.0 1stPHOTO BY Jas Man

Summicron 90mm f2.0 1st
実売価格を見る

ライカ(Leica)の望遠レンズであるSummicron(ズミクロン) 90mm f2.0 1stについて解説します。

Summicron 90mm f2.0 1stの中古に関する情報はページ下記へ。

Summicron 90mm f2.0 1stの仕様

レンズ種類
単焦点レンズ
レンズ構成
5群6枚
マウント
ライカL、ライカM
焦点距離
90mm
F値
2
画角
27°
絞り羽根数
15枚
重量
660g
最短撮影距離
1m
フィルター
E48
フード
SOOZI, SEOOF, HMOOD
製作年
1957-1962
市場価格
約100,000-400,000円

Summicron 90mm f2.0 1stPHOTO BY Jas Man

Summicron 90mm f2.0 1stPHOTO BY Far East Shutter

Summicron 90mm f2.0 1stPHOTO BY Jas Man

Summicron 90mm f2.0 1stの特徴

ライカの中望遠ズミクロン90mmの初代。ランタン系新種ガラスを使ったガウスタイプのレンズで、開放から実用的、ピント面のシャープネスとボケ味のバランスが良い。シャープネスやコントラストも程よく、現代的なレンズと比べ豊かで味わいのある描写となる。

ローレットやメッキが美しくルックスが良いが、ずっしりと重厚でやや扱いにくい。

90mmでf2の大口径ならではの描写でポートレート撮影が楽しめるが、フィルムやライブビューのないカメラでは合焦の歩留まりが悪くやや不人気であったが、再度見直されているレンズ。Lマウントはかなり数が少なく貴重。レンズヘッドを外せばビゾフレックスにも使える。

描写性能
悪い  良い
使い勝手
悪い  良い
デザイン
悪い  良い
価格帯
安い  高い

Summicron 90mm f2.0 1stのメリット・デメリット

Summicron 90mm f2.0 1stの特徴をふまえたおすすめポイントと懸念点(メリット・デメリット)。

Summicron 90mm f2.0 1stのメリット

  • 被写界深度の浅いポートレートに適した画作りが可能。
  • シャープ過ぎない味わいのある描写。

Summicron 90mm f2.0 1stのデメリット

  • とにかく重く大きいので使用する場面を選ぶ。
  • 携帯性に難がある。



Summicron 90mm f2.0 1stPHOTO BY Jas Man

Summicron 90mm f2.0 1stに関するメモ

  • 最初期のモデルはミッドランドと呼ばれ、特徴的な形のフードの付く珍しいモデルとなっている。

Summicron 90mm f2.0 1stの作例

Summicron 90mm f2.0 1stPHOTO BY Jas Man

Summicron 90mm f2.0 1stの作例は下記から見ることができます。

Summicron 90mm f2.0 1stの中古を探す

Summicron 90mm f2.0 1st

ネットでレンズ中古を探すなら、詳しく状態が記載してある下記がおすすめです。様々な状態の中古商品ラインナップが豊富で、送料無料で購入できます。

同じ画角のその他のライカMマウントレンズ

ライカMマウントレンズ早見表

ライカMマウントのレンズを焦点距離とF値で分類し表にしました。メーカーごとのレンズをスペックで探すのに便利です。

オススメ

自分の写真を額装して販売できるアートジーン

ライカMマウントレンズ

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール