1億8,000万円のライカ

2012年オーストリア・ウィーンのオークションで、「ライカM3D」が219万ドル(約1億8,000万円)で落札されました。このライカM3D(Leica M3D)というのはたった4台しか作られなかった限定モデルで、20世紀を代表するフォトグラファー、デビッド・ダグラス・ダンカンがライカに依頼したものでした。ピカソとも交流があり、ピカソを撮影したカメラでも有名なライカM3Dですが、その後2014年に「ライカM3D-5」として限定復刻し、16台制作されたようです。

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集