写真をNFTにしたこと、及びアトリエライカの今後のゆくえ

写真をNFTにしたこと、及びアトリエライカの今後のゆくえ

いきなりですが、あなたはデータとしての写真に価値があると思いますか?昔はプリントこそが写真だ、データに価値はないという人が多かったです。現状でも半々か、もしくは価値がないという人のほうが多いかもしれません。ただこれはNFT以前の話。データにオリジナルの証明と価値を付随できる技術がもしあれば、、、すでに実現しています。それがNFTです。

写真芸術とNFTについて

写真芸術とNFTについて

NFTとは簡単に説明すると、NFT=(Non-Fungible Token)の略で「非代替性トークン」という技術で、ブロックチェーン上にデータの経歴が記録され、それが唯一無二のものである(つまり複製されたものではない)ことをデジタル的に証明することができるものです。

先日、アトリエライカ及びその主宰であるmunetomoはOpenSea(現時点でNFT最大のプラットフォーム)で自身の写真作品を出品しました。

https://opensea.io/collection/fake-reality

この経緯としては写真の複製についての問題が解消された現実を体感してみたかったこと、あとはアトリエライカの運営資金についての問題です。

複製については、写真が芸術作品になりえるかという問題も含めこれまで嫌というほど議論されてきました。ベッヒャー派のような現代写真を先駆けとして、写真と美術の境目はほぼ無いような状況でありつつも、データとしての写真が基本的には価値を持つことがないまま写真芸術は道を歩んできた経緯があります(まだあまり記事にできていないのですが、このあたりも深く問いかけるような記事を書いていきたく思っているのですが)。

ここにはやはり「データ=複製可能」という大きな問題が立ちはだかっていました。現状、例えばどれだけインスタやツイッターで写真にいいねがついても価値は0円なわけです。(SNSで写真投稿することの是非はさておき、人の心を動かしているにも関わらず撮影者には何の利益もないことが問題です。)

しかし写真作品をNFT化(ブロックチェーンで唯一性を担保)すると「これがオリジナルだ」ということが客観的に認められます。するとデータにも希少性と所有欲の関係からモノとしての価値が生まれていきます。この動きはすでに世界中のあらゆるデータ(アートや歴史、金融、伝統、行政等)に関して進んでおり、最も有名なところではBeepleという作家のNFT画像が75億で落札された話が新しいですね。私も芸術に取り組み写真を撮るものとして、写真がどのような位置づけになっていくのか自ら体感してみたくなったのですね。

アトリエライカについて

あとはアトリエライカの今後についてです。
アトリエライカとしては、まずこれまで分散されていたライカの基礎情報をひとつに集約させることで、ライカを「特別な人だけが持つカメラから誰でもトライできるカメラ」へと変えていきたい思いがあり、立ち上げた経緯があります。

これまでライカに関する記述やウンチクは、日本において基本的に同じ内容が何十年も雑誌や書籍でただ繰り返されている状態が散見されました。参入が少ないがゆえですね。そして濃度の高い情報はだいたいクローズドな場所で行われていました。

当サイトはまだまだコンテンツは少ないので大きなことはいえませんが、、私はもっと分かりやすくまとめてインデックス化して、誰もが気軽に見られる状態にする必要があるな、、、と常々思っていました。

ちなみにアトリエライカはサイトの初期構築にかかった費用と運営費で赤字の状況です。 (サイトに張ってある広告がクリックされたり、当サイト経由で商品を買ってくれると僅かながらお金が入るアフィリエイトという仕組みを利用しています。ただ、広告費は雀の涙。サイト経由でレンズを購入してくれる人が増えればもう少し改善されるかも。)

サイト構築に膨大な時間を費やしてきましたが現状利益はありませんので、費やす時間を増やすこと、また存続自体もなかなか厳しい状況です。

NFT販売でもし売上が出ればアトリエライカの運営資金として使用いたします。売上が潤沢にでればよりクオリティの高い記事を書く時間が捻出できて、更新頻度があがり定期的に面白いアイデアを提供できます。広告も削除してすっきりしとしたサイトにすることも可能かもしれません。

もし、少しでも応援してやろうという方、もしくは富裕層、資産家の方がいらっしゃればぜひとも投資をお願いできれば嬉しいです。ちなみにNFT作品自体はリセールも可能で、より値上がりした状態で売れば投資対象にもなりえます。

写真芸術とNFTについて

https://opensea.io/collection/fake-reality

なお現在OpenSeaではETHでの出品とPolygonでの出品ができ、Polygonでミントしてますので購入にはMATICが必要です。(バイナンス等で買えます。)
https://www.binance.com/ja/buy-Polygon-Matic

新しい時代へ。ただひとりのライカフリークより。

オススメ

自分の写真を額装して販売できるアートジーン

ライカMマウントレンズ

良く読まれている記事

合わせて読みたい

FIRST LEICA初めてのライカ

ライカとは

ライカの買い方

ライカ撮影に必要なもの

LEICA PHOTOライカで撮った写真

LEICA FEATUREライカ特集

マウントアダプター簡単検索ツール