卓球ラケット素材を感じるライカ。LEICA M-P (Typ240) grip by Rolf Sachs

LEICA M-P (Typ240) grip by Rolf Sachs

アーティスト兼カメラマンのロルフ・ザックス(Rolf Sachs)とのコラボレーションで生まれたLEICA M-P (Typ240) 。グリップに卓球のラケットに使われる突起のあるラバーが貼られており、とても個性的な一台となっています。


LEICA M-P (Typ240) grip by Rolf Sachs SPEC

ベース仕様
一般的なライカM-P (Typ240) と同じ仕様。
発売日
2016年11月
デザイナー
ロルフ・ザックス
限定発売数
79セット

LEICA M-P (Typ240) grip by Rolf Sachsの特別仕様

  • トップカバーやレンズ表記は赤の刻印。
  • 背面に「rolf sachs」の刻印入り。
  • フラッシュ「ライカSF40」が付属。
  • ラバーと外装を清掃するブラシ2種が付く。

LEICA M-P (Typ240) grip by Rolf Sachsの付属レンズ

  • ・特別仕様のズミルックス 35mm f1.4 ASPH.

LEICA M-P (Typ240) grip by Rolf Sachsに関する補足情報

ロルフ・ザックス(Rolf Sachs)とはスイスの現代美術作家で、様々な作品を残しています。現在は投資家としても活躍しているそうです。
ロルフ・ザックス氏のサイトはこちら
https://rolfsachs.com/

ロルフ・ザックス氏のインタビュービデオがあります。

LEICA M-P (Typ240) grip by Rolf Sachsのベースモデルを探す

PRODUCT PHOTO BY LEICA CAMERA AG

LEICA STUDYライカを学ぶ

LEICA PHOTOライカで撮った写真



LEICA FEATUREライカ特集